FC2ブログ
 
2.5次元にハマる夢見乙女とガチホモだいすき腐女子の腐ったブログ。 みんなくしゃっとけ!!
【感想】こどもの瞳【木原音瀬】
こどもの瞳 (幻冬舎ルチル文庫)こどもの瞳 (幻冬舎ルチル文庫)
(2005/09/15)
木原 音瀬

商品詳細を見る


まんだらけでお初見。木原作品ってだけで即買いした代物でしたが・・・
かなり良い(*´д`*)


簡単なあらすじとしては、
若くして妻に先立たれた主人公:岬は貧乏ながらも頑張って残ったたった一人の家族:城太郎と一緒に楽しく過ごしてるんやけど、ある日いきなり、事故のショックで脳だけが6歳児に戻ってしまった兄:仁の面倒を仁が社長を勤めていた会社の連中に押し付けられてしまう。
でも兄とは幼い頃に生き別れており、岬は妻が生前に手術をする際にお金を頼って久しぶりに兄へ会いに行くも非常なまでに冷たくあしらった兄を憎んでた。嫌々ながらも一緒に生活していくうちに、6歳児ならではの素直さと、兄の自分に対する愛情を知った岬は、どんどん魅かれていき、仁もまた兄のような存在の岬に魅かれていって・・・
みたいな話。我ながらうまくまとまってるwwwU゚∀゚Uアヒャ!!


ついこの間「無罪世界」を読んだばかりなので、こどもの世話をするという辺り、若干ネタがかぶった感もあったのですが、
どちらか選ぶなら、私はこっちをお勧めします(笑)

まず読みやすいってのが重要な点でもありますが、
出てくる奴皆良い人で、人間の醜さとかそんなんは全く無い純粋なお話ですw
あと、私の中にあるほんの少しのショタ心が大いに揺さぶられるほどのショタ萌え要素www
兄:仁も、見た目は大人だけど頭脳やしゃべり方は子供なので、十分に可愛い対象になってますwww
ショタ好きの方は書き下ろしの方もおすすめ☆

ただし、兄の記憶が戻ってからがすごい駆け足感があったのと、
わりとうやむやにハッピー(?)エンドになってしまってるのがちょっと残念。
続刊も出てないようなので、『この1冊で終わるんだ』と覚悟しながら読んだ方がいいと思います。諦めがつくから(笑)


久しぶりに長い感想書いたww
でもそれだけお勧め!ってことです。
木原さん暗いから・・・って思ってる人でもコレは読めそうですよwww
よかったらどうぞ☆

しい
スポンサーサイト



木原音瀬 CM (0) TB (0) top↑
<<マージマジマジーロ | TopPage | お仕置きされたい。>>
comments
top↑
*Post a Comment*
 

管理者だけに閲覧
 

Track Back
top↑
| TopPage |